前回は金属活字から写植へという流れを、日本語組版の視点から見てきました。今回はデジタルフォントから話をはじめます。

プロポーショナルに組む 欧文組版の考え方

90年代になると、電算写植以上の革命的な技術、デスクトップパブリッシング(DTP)が登場します。これはパソコン上でデザイン・レイアウトを行ない、最終的な印刷データを作る方式です。現在も、書籍や雑誌制作の主流はDTPはです。これを実現したのは、複雑なオペレーションを可能にするシステムとアプリケーションの開発、それと平行してのデジタルフォント技術の確立でした。

デジタル環境になってからは技術革新の繰り返しです。システムとアプリケーションは次々新しいバージョンが発表されます。文字も例外ではなく、「Type1」「OCF」「CID」「TrueType」といったさまざまなフォント・フォーマットが表れ、現在は「OpenType」という形式が主流になっています。

OpenTypeの特性はいろいろありますが、大きな特徴のひとつに、文字間のスペーシング情報をフォントのなかに埋め込むことが可能になったことが挙げられます。使用するアプリケーションはこの情報を利用して、プロポーショナルな組版を、自動で実現することができるようになりました。

もう少し詳しく説明しましょう。従来のフォント・フォーマットでも、文字にプロポーショナルな情報を持たせる技術はありました。以前にも説明しましたが、プロポーショナルに組むというのは、その文字固有の幅で組む、ということです。

たとえば「く」や「し」や「と」といった文字と、「い」や「へ」といった文字、あるいは「っ」「ゃ」「ゅ」「ょ」などは、文字の大きさが異なります。縦でも横でも、これを単純にベタに並べると、文字の方向によっては字間が空いて見えてしまいます。

文字には本来固有の幅があって、それをリズムよく、同じ間隔で並べることこそが文字を組むということである----これは欧文組版の考え方です。

欧文の場合は、もともと文字の幅が違います。大文字の「W」と小文字の「i」とでは、幅がまったく変わってきます。また「表音文字」であるアルファベットを使用しているため、文字の意味を認識するのは単語ごとになります。そうなると、ある文字が前後の文字とどういう関係になるのか、ある文字がどの文字とセットなのかがわからなくなるような組版では、文章の読解そのものが難しくなってしまいます。

欧文においては、もともとの文字幅の差と、言葉の認識方法から、プロポーショナルに組むことは、組版において重視されるべきポイントだといえます。よく「均一なグレーをつくる」と表現されることがあります。これは、組版の濃度を均一化させること目指す、ということですね。

最適な字間を実現 ペアカーニング

前回の記事でも触れたように、物理ボディから解放されたことによって、日本語でも文字本来の幅に合わせて文字を組むことが可能になりました。デジタルフォントの登場とアプリケーションの進化によって、それを自動で行なうことも可能になりました。少し実例を見てみましょう。

1.jpg

プロポーショナルに組むと、ベタに組むよりも字間が均一に見えます。ですが、それでも「ダ」と「イ」の間が他と比べて空いています。これは「ダ」の濁点がプロポーショナル幅の「壁」になっているからで、隣り合う文字によっては空きが目立つ結果になります。

OpenTypeフォントでは特定の文字の組み合わせによって発生する不均一な空きを補正する機能が備わっています。それが文字間のスペーシング情報である「ペアカーニング」です。ペアカーニングというのは、特定の文字が組み合わさったとき、その文字間にのみ適用されるスペーシング情報のことです。

2.jpg

「ダ」と「イ」の空きが調整されて、さらに文字間が均一に見えるようになりました。ここで補正の対象となっているのは「ダイ」と「クダ」のペアで、ほかの文字間は変わりません。どのペアを補正の対象とするか/しないかは、フォントによって異なります。OpenTypeではその情報をフォント自体に持たせることができるのです。

ペアカーニングは欧文フォントには従来からありました。もともと文字幅が違う
欧文では、LA・To・Tr・Ta・Tu・Te・Ty・Wa・WA・We・Wo・Ya・Yo・yoなど、特定の文字間で字間が空いて見えることが、経験値として知られていたからです。

この機能は、日本語フォントではOpenTypeから実装されました。とはいっても、日本語で考えられるペアの組み合わせは数千から数万にもおよびます。すべての日本語OpenTypeフォントにこの機能があるわけではありませんし、また対応していないアプリケーションでは活用することができない情報なので、注意が必要です。

少し専門的になってしまいましたが、要するにデジタル環境のイノベーションによって、日本語組版においても、一律一歯ツメのような考えではなく、文字の形に合わせた文字間の調整=プロポーショナルな文字組が実現可能になったのです。

産業技術が要請した技術

活版印刷から写植、デジタルフォントまで、およそ140年の歴史のなかで、これだけの技術的変遷がありました。日本語組版の観点で眺めてみると、ベタ組み、ツメ組み、プロポーショナル組み、という革新があったといえます。

ところが、デジタルフォントが主流となった現在でも、ほとんどの書籍はベタ組みです。せっかく新しい機能が付加されたのに、なぜでしょうか。

ひとつには、プロポーショナルに組むことの難しさがあります。日本語書籍のほとんどは、文字のあるエリア(「版面」といいます)が矩形になっています。これは行頭と行末が揃っているということです。

3.jpg

薄いピンク色の部分が文字の入っているエリアです。この例に示したように、多くの書籍は改行が加わらない限り、行頭と行末は一直線にそろっています。

一方、プロポーショナルに組むということは、形が不揃いなものを並べて矩形を作るということです。

4.jpg

右側が、単純にプロポーショナルに組んだときの状態です。行末に示されたピンクの矩形が、行末を揃えようとした場合に各行で必要になる調整量です。この例の場合だと、1行を除いてすべての行で調整が必要になります。それを各行の文字間で均等に割って調整したのが左側の例。右に比べて少し字間が開いて見えます。

アプリケーションの力を借りれば、プロポーショナルであっても自動で組むことはできますが、組版上の破綻は起きやすくなります。組版上の破綻とは、版面の一部の字間が極端に空いてしまうようなケースです。

5.jpg

これは少し極端な例ですが、欧文が混ざったテキストの場合、とくに破綻が生じやすくなります。この例の場合だと、Aの処理では、最後から3行目の字間が開き過ぎています。Bのように字間と字送りを調整して、全体で解消するようにした方が、綻びは見えにくくなります。

欧文が入る場合はベタ組みでもこうした調整が必要になります。全体で破綻のない組版を実現するには、アプリケーションの力に頼り切りになるのではなく、その時々で状況を見極めることのできる、たしかな技術をもったデザイナーや組版者の存在が欠かせません。

もうひとつ、ベタ組みを積極的に採用すべき理由があります。これはいま述べたことの裏返しになりますが、その方が技術的に簡単だからです。

日本語の場合、すべての文字は正方形の仮想ボディのなかにデザインされています。矩形を形成する場合、同じ大きさの正方形を組み合わせる方が、不揃いのものを整形するよりも、はるかに効率がいいです。

それでも、例えば行頭に句読点が来る場合など、調整を施さないといけないケースは発生しますが、プロポーショナルに組んだ場合と比べて、ずっと少ない調整量で済みます。ある程度の経験と法則を身につけさえすれば、大きな破綻は生じにくいといえます。

そう考えると、ベタ組みは産業技術的な要請から生まれた、ひとつの最適解なのかもしれません。

組版と書体 日本語書体のデザインのあり方

日本語書体のデザインのあり方も、プロポーショナルな組版がいまひとつ普及していない要因といえます。

詳しくは次回の記事で解説しますが、日本語書体デザインのあり方は、金属活字の頃から大きく変わっていません。正方形のボディのなかに、ベタに組まれたときにもっとも読みやすく(判別しやすく)見えるようにデザインされています。

金属活字初期の、とくに仮名文字には、まだまだ肉筆の雰囲気が残っていました。言い換えれば、規格化されすぎておらず、揺らぎがあったということです。それが時代を経るにつれ、揺らぎの少ない、整理された字形になっていきます。

漢字と仮名文字は、本来別々な文字です。明治以降、それを「日本語」として一セットに使ってきた140年の歴史は、書体から手書きの匂いを消し、正方形のなかに文字を均一化していく歴史でもありました。

技術的な発展があれば、日本語組版でもプロポーショナルに組むことが最適になることは予想できます。そして、それはこれからの日本語組版のデザインを考えるとき、待望される技術です。

でも、プロポーショナルな書体や組版技術が実現したとしても、ベタ組みはベタ組みとして、ひとつの技術として残るはずです。それは、明朝体という書体デザインがベタ組みのために最適化されてきたからです。

組版と書体は別々に存在するのではなく、不可分のものとしてお互いに影響を与えているといえます。

次回の更新では、組版を支えるもっとも大きな要素である書体について、その成り立ちを見ていくことで、どうしてベタ組みなのかを、もう一段掘り下げてみようと思います。