前回までの記事で、日本語組版のおおまかな歴史と、それを支える書体(主として明朝体)について、おおよその説明が済みました。次はオルタナティブとしての新しい日本語組版について考えていこうと思うのですが、その前に、あらためて日本語組版におけるベタ組みについておさらいしてみようと思います。

あらためてベタ組みとは

まず「ベタ組み」そのものについて。ベタ組みとは、隣り合う活字のボディ間に隙間がないことです。文字ではなく、あくまで文字の器である正方形のボディの間に隙間がない、です。文字同士の間に隙間がないと、文字は互いに接触し干渉し、意味理解を妨げることになってしまいますよね。

このボディが正方形であることで、日本語は縦にも横にも組むことが可能になっています。また正方形のなかに収めるために、本来矩形とは無関係に記されてきた仮名文字が、そのデザインを正方形に最適化されてきたことは、前回の記事でも述べた通り。

金属活字の時代にはボディは物理的に存在していましたが、写植、そしてデジタルにおいては、ボディは仮想=実態をともなわないものになりました。しかしあくまで正方形のボディを書体デザイン、組版の基準に据えることに変わりはありません。

どうしてベタ組を推奨するのか

さて、ではどうしてベタ組みが望ましいのか。その根拠のひとつに書体デザインがあります。

「明朝体仮名篇」で見たように、現在日本語で印刷(デジタルにおけるディスプレイ表示を含む広義のものから、紙にプリントされる狭義のものまで)される文字書体は正方形に最適化されて設計されています。物理ボディという制約から解放され、またプロポーショナルに組むことへのニーズもあり、OpenTypeフォントにはカーニング値が設定されていますが、それは付加的なものであり、基準はあくまでも正方形ベタ組みにあります。すなわち、ベタに組むことが、日本語書体の読みやすさ(書体設計上の)を支えるひとつの要因になっているということです。

もうひとつの根拠は、日本語文字表記が備えている濃度差を担保することが、文章の意味理解を促進するのではないかという仮説です(詳しくは向井裕一さんの『日本語組版の考え方』をご覧ください)。

表音文字と表意文字の組み合わせで表現される日本語文字表記は、文字の濃度にムラがあります。漢字と仮名文字とではそもそもの造形が違いますし、漢字にしても、それぞれの文字によって画数に大きな差があります。また特に記号類・約物類は、正方形に対して二分の一の幅にデザインされた文字と、残り二分の一のスペースから成り立っています。その濃度差は一見不格好に映りますが、しかし複雑な要素から成り立つ日本語の文章構造を視覚的に把握する役割を担っているとも考えられます。

日本語組版において大事なのは、日本語文字表記が含有している構造の視覚認知を高めることです。それは欧文組版のように均質な組版濃度の実現を目指すのとは違い、組版濃度よりも字送りのピッチを均一に保つことで実現されます。

ベタ組みの組み分け一覧

以上の理由からベタ組みを推奨しているわけですが、一口にベタ組みといっても、そこには組み分けの方法があります。以前の記事でも紹介しましたが、もう一度整理してみましょう。注目すべきは段落の先頭および行頭/行末の括弧類・句読点類の扱い方です。

001.jpg

[ベタ組みの組み分け|全角]

これは約物と括弧を全角として扱う組み方です。この場合、約物類・括弧類に含まれる二分の一のスペースも保持します。ですので行頭と行末に約物類・括弧類が位置するときはに二分のアキが発生します。段落先頭のアキが大きいのが特徴ですね。書籍ではあまり見られませんが、新聞はこの組み方で組まれています。

002.jpg

[ベタ組みの組み分け|半角]

対してこちらは約物と括弧を半角として扱う組み方。全角で扱う場合とは異なり、行頭と行末に二分のアキは発生しないので版面の上下のラインが強調されますが、二分の一のスペースをないものとするため組版上の調整量は大きくなります。学術論文や思想書などに見られる組み方です。

003.jpg

[ベタ組みの組み分け|全角・半角混在]

そしてこれは全角と半角を混在させる組み方。先に紹介した2つの組み方は括弧類・約物類の扱い方を一つに定めていますが、こちらは二通りの扱い方を用意しているので組版上の破綻が起きにくくなります。反面、行末の括弧類・約物類の位置にバリエーションが生じるため、視覚的な印象は緩いものになります。小説、エッセイをはじめ、現在もっともポピュラーな組み方です。

行末に句読点が来た場合に、それらを版面の外に出すことを許容するかの選択も含めると、基本的な日本語ベタ組みのパターンは9種類になります。テキストの性質や対象とする読者層、目的とするデザインなどの要素を考慮し、どのような視覚印象を与えたいのかで採用すべき組み方がわかれます。

これに加えてもう一点、大事にしたいのが行中の括弧類・句読点類の扱い方です。

さきほど書いたように、括弧類・句読点類は文字自体以外に正方形の二分の一のスペースを備えています。このスペースが確保されていることで、文字のサイズは小さくとも、これらの記号を認知することが容易になります。カギ括弧があればそれが誰かの発言であることや引用文であることがわかりますし、丸括弧があれば補足情報や説明であることがわかります。読点は文章のなかの息継ぎだったり、書き手による文節制御であることもあります。句点は文の切れ目ですから、その位置がどこにあるのか、明確であることが大切です。

要するに、スペースがあることで認識が助けられ、視覚的にも意味的にも、理解が促進されるということです。そのためにも、これらの文字が備えている二分の一スペースは確保しておいたほうがよいと判断できます。

理想と現実と

ここまでベタ組みを推奨する理由について述べてきました。ベタ組みすることの理屈をわかることが日本語組版の基礎になります。けれど、もっと大切なことは、分かった上でそれに捕われないことです。矛盾した表現になりますが、ベタ組みにこだわり過ぎるとよくないのです。

どういうことか。たとえばこんなケースです。

004.jpg

[3行目以降、括弧類・約物類のアキを保持するあまり字間が割れてしまっている。特に6行目が目立つ]

現在の日本語文章表記は複雑です。漢字、仮名に加えてアルファベットが含まれることも多い。アルファベットは正方形とは無関係に作られていますから、それを組み込んで文字を組まなければなりません。このケースのような事態が発生することもあるのです。ではこの場合どうしたらいいのか。

005.jpg

括弧類・句読点類のスペースを潰しました。するとこうなります。たしかに括弧と句読点は判別しにいですが、字間が極端に開いてしまうよりもずっと見やすいのではないでしょうか。

ベタ組みは日本語組版の基本です。そこに働いている理屈を理解し、それを守ろうとすること自体は間違っていません。けれど組版は生ものでもあります。実際に組み上げる文字列の性質はもちろんのこと、括弧類と句読点類が連続する場合、禁則処理をどのような強さで設定するか、行長はどれくらいなのかといった直接的な要因から、ページ数やコストといった間接的な要素まで、じつにさまざまな変数が組版に影響を及ぼします。

そのとき、ベタ組みに固執する余り、目の前にある現実に対処しきれなくなってしまったのでは、そもそも何のための組版なのかわからなくなってしまいます。その意味で、ベタ組みを理解した上で、それに捕らわれないことが大切なのです。そのためには括弧類・句読点類に含まれる二分の一のスペースをうまく活用して、行で発生した半端=正方形で割り切れないアキを調整します。

具体的に言えば、

・行長が20字以下の場合
・キャプションなどの補足情報
・欧文が頻出するとき

はとくに注意が必要でしょう。スタンダードなルールを知った上で、その都度ベターな選択をしていくこと。それが文字を「組む」ということなのではないでしょうか。